北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ばあさんは15歳」阿川佐和子著

公開日: 更新日:

 主人公は、高校入学直前の内村菜緒。母方の祖母・和を連れて東京タワーにのぼった帰り、降下のエレベーターがヘンな音を立てるのが発端。地上に降りてみたら、なんだかヘンだ。街には電線が多く、さらに空が広がっている。高いビルがないのだ。どういうわけか、56年前、昭和38年にタイムスリップしてしまったというわけ。本書はここから始まる物語だ。

 小説家・阿川佐和子の才能についてはいまさら言うまでもない。坪田譲治文学賞を受賞した「ウメ子」をはじめ、「スープ・オペラ」「婚約のあとで」「正義のセ」など、数々の傑作がある。本書も、そういう傑作群に並ぶ作品といえる。ホントにうまい。

 祖母の和が、将来の祖父と無事に結婚しないと菜緒は生まれてこないことになるから、まず障害を取り除き、2人が結ばれるように奮闘する。さらに、仕出し屋を営む実家で働くせっちゃんが、故郷の水害で命を落とさないようにも知恵を絞らなければならない。未来を知っていると結構大変なのである。そういうドタバタが、秀逸な人物造形とともに軽妙に描かれていく。

 ネタばらしになるので詳しくは書けないがそのタイムスリップをめぐる法則、条件などもあって、これも面白い。1つだけ書いておけば、東京タワー、通天閣など、各地のタワー系がタイムスリップの入り口なのだという。ホントかよ、と楽しくなってくる。

 (中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る

人気キーワード