北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「バイター」五十嵐貴久著

公開日: 更新日:

 伊豆の沖合の島で、突如としてウイルス感染症が発生する。罹患すると、人の血肉を求める凶暴な存在になる(政府はそれをバイターと命名)厄介な感染症だ。なにしろ死なないのである。銃で心臓を撃ち抜いても、まだ人を襲ってくる。頭部を銃撃しないかぎり、止めることはできない。つまりはゾンビだ。

 このゾンビの弱点は、1メートル先のものも見えないほど視力が弱いことと(ただし、嗅覚と聴覚は異常なほど高まっている)、歩くのが遅いこと。だから音を立てなければ逃げることは不可能ではない。対して、一度捕まったら、力が強大なので、もう逃げることはできない。バイターウイルスに罹患しても、助かる方法はある。潜伏期間を経て昏睡期に入り、一度目覚めたのちにゾンビとなるのだが、救出方法は1つだけ。昏睡中にラザロワクチンを投与することだ。しかしこれも、1割はワクチン投与の段階でショック死し、3割はワクチンの効果もなくバイター化し、助かるのは6割のみ。万全の方法ではない。

 この未曽有の感染症が発生した島から、首相の一人娘を救うために、自衛隊と警察の混成チームが派遣されて、物語が始まっていく。バイターとなる前に救出することは可能なのか。台風が迫り来る島を舞台に、緊迫の救出劇が展開していくのだ。迫力満点のゾンビ小説だ。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る

人気キーワード