北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「燃える川」ピーター・ヘラー著、上野元美訳

公開日: 更新日:

 とてもシンプルな話だ。2人の大学生、ウィンとジャックがカナダ北東部にカヌーの旅に出て、川を下るだけの話である。これがスリリングな話になるのは、町に出るまで10日はかかるのに食料が数日分しかないからだ。

 まあ、これは魚を釣って食すればいいからなんとかなる。しかしそんな時間をかけていられないのは、重症の女性をわけあって助けたので、早く町の医者に見せなければならない。

 ところが、急いで川を下ることに躊躇するのは、ネタばらしになるのではっきりとは書けないけれど、下流のどこかに彼らを待ち構えている男がいると予想されることだ。つまり、ゆっくりとはしていられないけれど、むやみに急ぎすぎるのも問題なのだ。

 さらに、物語に不穏な空気が漂うのは、冒頭近くに登場した2人の男。あいつらは何者なのか。ただの、通りすがりの男たちではない。何か、ただならぬことをしそうな雰囲気が漂っている。

 これだけでも大変なのに、駄目押しは山火事だ。大きな山火事が迫っているのだ。実はこの山火事の描写が本書の白眉。こんな山火事、見たことがない。

「あいつらはしゃべっているんだ」という消防士のいとこの言葉をジャックが思い出す箇所に留意。燃え盛る炎の中でパチパチと空気が爆ぜ、川が唸り、森が爆発し、大地の底からすごい音が響いてくる――この描写がとにかく圧巻だ。

 (早川書房 1140円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード