北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ヨンケイ!!」天沢夏月著

公開日: 更新日:

 ヨンケイとは、4×100メートルリレーのことだ。リレーは日本語で継走といい、4人の継走は「四継」だから、ヨンケイ。

 このヨンケイの不思議で、素晴らしい点は、4人のベストタイムの合計よりも、リレーのタイムのほうがいいこと。つまり、バトンでタイムが縮むわけである。個人競技が多い陸上で、そういうチームワークが結果に直結する競技は珍しい。

 にもかかわらず、離島・大島の渚台高校の陸上部(部員はたった5人。1人はハードルの選手なので、残りはぎりぎりの4人)の面々は、信頼もなく友情もなく、チームワークは最悪だ。リレーなんて走りたくない、というやつまでいたりする。

 彼らが都大会に出るには、支部予選で上位8校に入らなければならない。都大会には各支部上位8校の合計48校が出場し、その上位6校が関東大会に出場する。陸上部の佐藤先生は関東を狙うと言うのだが、その道のりは、はるかに遠い。ちなみに、関東大会には各県から6校で合計48校が出場し、その上位6校がインターハイに出場できる。めまいがしそうなほど遠い目標といっていい。

 というわけで、渚台高校の陸上部4人のドラマが始まっていく。それぞれの事情とドラマがゆっくりと語られていく。やや常套的ではあるものの、丁寧に、そして克明に描いていくので、どんどん物語に引きずり込まれる。彼らが走るときに頬に感じる風の匂いが、鮮やかに立ち上ってくる。

 (ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る

人気キーワード