「無刑人 芦東山」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 奥州仙台領渋民村の岩渕孝七郎(芦東山〈あしとうざん〉)は、仙台藩の藩儒を務めていたが、ある日、評定役から、妻子ともども伊達家重臣の石母田愛之助にお預けとなったと告げられる。藩の学問所の座列について、学問所の主立(おもだち)である高橋与右衛門の案に逆らったことが原因だった。

 俸禄は支給されるが筆を持ってはならぬということだったのに、石母田頼在が身柄を預かることになったと言われ、見事なすずりと筆を渡された。鬱々として過ごしていたとき、妾のますに、藩儒の仕事から解放された今こそ、室鳩巣に託された「無刑録」の執筆にとりかかるべきだと諭される。24年にも及ぶ幽閉生活の中、刑法思想の根本原理を論じる書を著した儒学者を描く。

(潮出版社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード