「新型コロナ データで迫るその姿」浦島充佳著

公開日: 更新日:

 東京慈恵会医科大学教授であり、小児科、疫学、統計学などを専門分野に持つ医師が、“締め切りに間に合うぎりぎりの時点(2021年2月5日)まで医学論文の科学的エビデンスを収集した”という本書。国内外のデータを分析しながら、新型コロナの全体像を浮き彫りにしている。

 誰もが知っている世界的エビデンスとしては、高齢で死亡リスクが高いことが挙げられ、日本でも新型コロナによる死亡の85%は70歳以上である。ただし、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を示す高齢化率と照らし合わせてみると、世界一の高齢化率を誇る日本の死亡率が、欧米諸国と比較すると極めて低いことも分かってくる。この点に影響を与えているのが、肥満の因子である。

 実際、肥満があると新型コロナの発症リスクは5割増しとなり、重症化が2倍以上、そして死亡リスクも5割増しになるというデータがある。日本の高齢患者の死亡率が欧米諸国よりも低く抑えられているのは、肥満が少ないことが影響していると考えることができる。

 また、肥満が新型コロナのリスク因子になることは、高齢者以外にも言えること。在宅ワークが増えて肥満が進めば、感染リスクは減らせても罹患(りかん)した際の死亡リスクは上がってしまう。運動不足を解消して体重コントロールをしなければ、本末転倒の結果になりかねないと著者。

 日本の5都道府県の流行曲線から読み解く換気の影響や、緊急事態宣言やGoToトラベルと人々の行動変容、「ネアンデルタール遺伝子」の有無による死亡リスクの違い、そしてワクチンの予防率や無症候性感染の予防の可能性など、最新データを読み解く本書。敵の正体を知れば、闘い方も見えてきそうだ。

(化学同人 2310円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード