「現代中国の秘密結社」安田峰俊著

公開日: 更新日:

 中国社会の裏側でうごめくさまざまな秘密結社の実態を明らかにしながら、その近現代史とリアルな中華圏社会を見つめ直すノンフィクション。

 中国の秘密結社は、本来は構成員同士の助け合いなどの目的から結成された「会党(フイダン)」と民間信仰の宗教的なつながりのもとに信者たちの人間関係が結ばれた「教門(ジャオメン)」に大別される。これに清朝や中国共産党の打倒などの政治目的を抱いて結成された「政治結社」が加わる。だが、3者の境界はあいまいだという。全世界にアメーバのように広がる会党のひとつ「洪門(ホンメン)」や、当局によって邪教として弾圧される気功集団「法輪功」や、「全能神」など。

 現代中国の理解に欠かせない秘密結社の知られざる世界を案内してくれる。

(中央公論新社 1012円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード