「中国が宇宙を支配する日」青木節子著

公開日: 更新日:

 米中対決は、宇宙にその舞台を移しつつある。5年前、中国が世界で初めて量子科学衛星「墨子」の打ち上げに成功。量子科学衛星は、量子暗号通信技術を搭載した人工衛星で、中国は国家の安全保障上、世界で頭ひとつ抜きんでたことになる。

 さらに中国は、「墨子」と量子暗号をやりとりする地上局を、世界各国に設置しようともくろんでいる。

 一方、大戦以降、ソ連と熾烈(しれつ)な競争と協力を繰り広げてきたアメリカは、世界のリーダーとして宇宙がもたらす富と安全を世界に配分する制度づくりに腐心するとともに、宇宙支配を決して譲り渡さないよう立ち回ってきた。

 本書は、中国、アメリカ、日本を中心に宇宙開発の歴史を振り返りながら、宇宙における安全保障の最前線を伝える。

(新潮社 836円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード