「あしたの官僚」周木律著

公開日: 更新日:

「国民公共保全法(公保法)」は、撹乱、騒乱、暴動などから国民の安全を確保するための法である。厚生労働省公共保全局の松瀬尊(たかし)のもとに、国会議員・多賀恵美子が仲介する、公保法一本勝負という陳情がくる。

 多賀の地元、新潟県佐間市の集落・田太(ただ)で「ミョーな病気」がはやっているという。風力発電所が操業してから周辺の住民に頭痛、悪心などの体調不良が発生しているらしい。佐間市は以前、松瀬に公保法のレクを依頼した三ツ藤の地元だ。この件は三ツ藤がたきつけた可能性がある、と松瀬は直感した。

 国会議員からの突き上げや関係省庁との確執、国民からの苦情などに取り組む、若手官僚の日々を描く。 (新潮社 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る

人気キーワード