「57歳で婚活したらすごかった」石神賢介著

公開日: 更新日:

 2019年、57歳でバツイチの著者は一念発起して婚活を始める。その経緯をつづった体当たりルポルタージュ。

 まずは婚活アプリに4000円ほどの月会費を払い、登録。40代の女性5人にメッセージを送ると、銀行員のマリナさんから返事があった。会うと話も弾み、LINEのIDも交換。ライブに一緒に行く約束も交わしたのだが、チケットをとって連絡を入れると、「クソ老人」と罵詈雑言の返事が……。結婚相談所を介してお見合いをしたアイコさんと20回以上もデートを重ねた末に、フラれて傷心。他にも婚活パーティーなどさまざまな手段で出会った女性たちとの出来事を赤裸々に明かしながら、それぞれのツールの長短所や婚活に臨む心構えなどを体験的にアドバイス。

(新潮社 836円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る

人気キーワード