北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「血の葬送曲」 ベン・クリード著 村山美雪訳

公開日: 更新日:

 いやあ、すごいなあ。読みはじめたらやめられない傑作だ。翻訳ミステリーの読者でよかった、と思うのはこんなときである。

 1951年のレニングラードが舞台の長編だから、トム・ロブ・スミス著「チャイルド44」を連想する方もいるかもしれないが、まさしくその通り。あれも傑作であったが、本書も負けていない。

 レニングラードから50キロも離れた町で5人の死体が発見されるのが冒頭。ロッセルをはじめとする第17分署の面々がその町まで捜査に赴くのは、現地警察の署員がほぼ全員MGB(国家保安省)に逮捕されてしまったからだ。疑わしくは罰せず、ではなく、疑わしくなくても逮捕、なのである。そういう密告社会の中で、真実を追求するのだから、ロッセル警部補の苦労は並大抵ではない。

 さらに、物語の構成も巧みで、発見される5人の死体がまず異常。顔の皮膚をはぎ取られ、奇妙な衣装をつけられて、線路の上に整然と並べられている意味がわからない。犯人の動機はいったい何なのか。この魅力的な謎から始めるのがうまいが、その意味が判明するくだりでは思わず呆然。何なんだこれ!

 音楽をモチーフにしているので、「チャイルド44」とはまた違った味わいがあるが、この作者、本書がデビュー作。今秋には本書の続編が刊行予定というから、それもぜひ翻訳してほしい。楽しみな作家がまた一人増えたのである。

(KADOKAWA 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る

人気キーワード