北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「蝶の眠る場所」水野梓著

公開日: 更新日:

 これはミステリーだ。しかしそう言ってしまうと、なにか大事なものがこぼれてしまうような気がする。

 その話の前に、この長編の内容を少しだけ紹介すると、20年前の殺人事件の犯人は(10年前に死刑が執行)、実は冤罪だったのではないか、とドキュメンタリー番組のディレクターが調べ始めるという話である。

 だから、間違いなく本書はミステリーだ。しかしそれは、表層のストーリーにすぎない。問題はそれをどう描くかだ。ネタばらしになるので詳しくは書けないものの、復讐とは何か、贖罪とは何か、国家とは何か。さまざまなモチーフが複雑に絡み合っていること。

 その強い芯がまずいい。次に、その間を縫うように、個性豊かな登場人物がリアルに動きまわり、色彩感豊かな物語を作っていること。主人公の美貴が左遷されて配属された地下2階のドキュメント班の面々(超個性的だ!)だけにとどまらず、わき役端役にいたるまで自由に呼吸しているのだ。そういう細部がいいから、この物語にどんどん引き込まれていくのである。つまり、デビュー作とは思えないほど全体が素晴らしいのだ。

 では、こぼれるものとは何か。文章がなめらかであることに留意。しみ入るように体に溶け込んでくる。小説を読むことの喜びがここにある。個人的にはこれがいちばん大きい。この作者、ハードボイルドに向いているのではないか。そんなことを思ったりもする。 (ポプラ社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る

人気キーワード