北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 MRとは、メディカル・リプレゼンタティブの略で、つまりは「医薬情報担当者」。ひらたく言えば、製薬会社の営業である。処方箋を出す医者にアプローチして、自社の薬を売るのが彼らの仕事で、厚生労働省が認可する団体の「MR認定試験」に合格すると、資格を得ることができる。

 本書は、製薬業界の最前線で働くそのMRたちの物語だ。医師への過剰な接待攻勢が問題になって、このMR制度がつくられたようだが、では接待がまったくなくなったのかというと、そうでもない。あまりにも過剰な接待はなくなったようだが、形を変えて残ってもいるようだ。

 本書で描かれるのは、まずさまざまな医者の生態である。さらに、明暗を分けるMRたちの生活も描かれていく。連作のように描かれるそれらのドラマだけでも実は面白い。しかしそこまではプロローグといってよく、真のドラマは、ライバル企業のMRが登場してから始まっていく。虚々実々の争いが克明に描かれていくのだ。面白いのは、ライバル企業との対決に勝っても物語が終わらないことで、次に待っているのは、内部の敵なのである。自分の利益しか考えない連中との対決がまだ待っているのだ。その戦いが痛快である。

 人物造形がやや類型的であることを指摘するむきがあるかもしれないが、そういうことを気にしていたらこの手の小説は読めない。痛快無比の通俗小説として楽しまれたい。

(幻冬舎 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  9. 9

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る

人気キーワード