北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「わたし、定時で帰ります。ライジング」朱野帰子著

公開日: 更新日:

 生活残業とは、意図的に残業することで残業代を増やすことを言う。ではなぜ、そんなことをするのか。そうしなければ生活できないからだ。要するに基本給だけでは生活できないという現実がある。もうひとつは、遅くまで会社に居残って仕事をしないと労働意欲がないものとみなされる、という側面もあったりする。だから生活残業はなかなかなくならない。

 そういう現実、風潮に敢然と立ち向かって登場したのが、本書のヒロイン・東山結衣だ。このヒロインは最初から(つまり就活しているときから)、私は定時で帰ります、と宣言して登場した。シリーズ第3弾の本書でも、東山結衣はまだ闘っている。

 定時で帰る、と宣言しているヒロインを雇うくらいだから、結衣が働くネットヒーローズは理解のない会社ではない。しかし、それはマスコミ向けのポーズという面もないではなく、内部ではよく思われていない現実もあったりする。

 さらに今回の敵は創業時の上司たち。高給取りのくせに働かないのだ。既存権益を守ることしか考えず、新しい体制をつくることには興味を持たない。ネットヒーローズは、企業のデジタル方面の支援やコンサルティングを主な業務とする会社だが、中身まで新しいわけではないのだ。しかも恋人の晃太郎が仕事大好き人間で、早く帰らないから大困惑。問題があまりにも多すぎて、大丈夫か結衣。

 (新潮社 1540円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る

人気キーワード