「特捜部Q 檻の中の女」ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳

公開日: 更新日:

 渡瀬恒彦の人気テレビドラマシリーズ「おみやさん」(原作漫画は石ノ森章太郎)は、文字通り「お宮入り」となった未解決事件を解決していく仕立てだ。欧米では未解決事件、中でも凶悪事件を「コールドケース」と呼んでいる。本書はデンマークのコペンハーゲン警察のコールドケース専門の部署が舞台。

【あらすじ】カール・マークはコペンハーゲン警察本部殺人捜査課の警部補。ある事件で同僚2人と容疑者のアジトに踏み込むが、いきなり飛び込んできた男に銃撃を受け、仲間の1人が死亡、もう1人が背中を撃ち抜かれカールの上に倒れ込んできた。カールは無事だったが、応戦せずに仲間を見殺しにしてしまったことを悔いており、復帰を果たしてもかつての情熱はすっかり失せていた。

 そんなカールを課長のヤコプソンは、新設した未解決の重大事件専門の特捜部Qの責任者に据えた。とはいえ、窓もない地下の薄暗い一室で、アシスタントは得体の知れないシリア人のアサドのみの窓際部署。嫌々ながらも着手したのは、5年前に起きた女性議員ミレーデ・ルンゴー失踪事件だ。ルンゴーは船上で突然姿を消してそのまま不明となり、自殺として片付けられていた。しかし確たる動機がない。カールは調べを進めていくと次々に不可解な事実が浮かび上がっている。

 物語は、現在のカールの捜査の模様と、どこかに閉じこめられているルンゴーの様子が交互に描かれ、この2つの物語が最後に結びついていく……。

【読みどころ】変則的な倒叙法だが、なぜルンゴーが閉じこめられたのか、この過酷な状況を果たして脱することができるのか、と読者はどんどん物語に引き込まれていく。特捜部Qシリーズの第1弾。現在シリーズ全8作が刊行。 <石>

(早川書房 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

人気キーワード