「極夜 カーモス」 ジェイムズ・トンプソン著 高里ひろ訳

公開日: 更新日:

 2022年版の世界幸福度ランキングでフィンランドが1位を獲得、これで同国は5年連続の1位だ。幸福度ランキングは、健康寿命、1人当たりGDP、社会的サポート、寛容性、人生選択の自由など7つの指標に基づいて決められているが、フィンランドは教育面においても世界のトップ水準を誇っている。本書はフィンランドを舞台にした警察小説だが、幸福な国、フィンランドの暗黒面を照らし出している。

【あらすじ】カリ・ヴァーラはフィンランド最北部の北極圏にあるキッティラ警察署の署長。現在40歳で、1年前にアメリカ人女性ケイトと結婚した。カリのもとに殺人事件の報告が入る。被害者はソマリア移民の映画女優スーフィア・エルミ。全裸の死体の腹部には「黒い売女」という言葉が刻みつけられていた。人種問題に極めて敏感なフィンランドで、黒人女性の有名人が殺されたとわかれば全国紙が派手に報じるに違いない。フィンランド人が人種問題に敏感なのは、多かれ少なかれ、自分たちが隠れ人種差別主義者だと自覚しているからだ。

 容疑者として浮上したのは、ヘルシンキの大富豪、セッポ・エニミ。13年前、カリから前妻ヘリを寝取った男だ。上司はカリが私情を挟むとマスコミに騒がれるのを危惧して捜査から外れるよう促すが、カリは事件を解決できるのは自分しかいないと捜査の手を緩めない。やがて第2、第3の事件が引き起こされ、カリが当初予想したものとは全く別の展開をたどり始める……。

【読みどころ】事件と並行してカリを悩ませているのは、妊娠した妻ケイトが寒くて暗鬱なこの地から離れたいと訴えていることだ。幸福に見える国でも、一歩中へ入るとさまざまな不条理が渦巻く地であることを教えてくれる。 <石>

(集英社 836円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に