「氷の天使」 キャロル・オコンネル著 務台夏子訳

公開日: 更新日:

 サラ・パレツキーが生み出した女性私立探偵のV・I・ウォーショースキーの正式名称はヴィクトリア・イフィゲニアで、愛称は〈ヴィッキー〉だが、この愛称を許しているのは警官だった父の友人、マロリー警部補のみ。他の人には〈ヴィク〉と呼ばせている。気骨あるフェミニストならではの姿勢だ。

 本書の主人公はフェミニストではないが、愛称どころかファーストネームで呼ばれることを嫌い、〈キャシー〉と呼ばれるたびに〈マロリー〉と訂正する徹底ぶり。「ミステリー史上最もクールな女刑事」と評されるキャシー・マロリー・シリーズの第1弾。

【あらすじ】キャシー・マロリーはニューヨーク市警巡査部長。25歳。元ストリート・チルドレンで盗みを重ねていたところをニューヨーク市警のルイ・マーコヴィッツに補導され、そのまま養女となった。養母のヘレンの深い愛情に育まれて育ったが、失感情症的なマロリーは喜怒哀楽を表に出さず、おまけに道徳観念も欠けていた。

 しかしずばぬけたIQを有し、パソコン教室に通い始めると才能を開花させ、金融機関のコンピューターにハッキングしてヘレンにプレゼントしていた。ヘレンは喜ぶどころか悲しむので、やむなくハッキングは中止。その代わり、NY市警に入って情報収集の面で養父のルイを助けていた。

 そのルイが折しも発生した連続殺人事件を追っているうちに犯人に殺されてしまう。一度も現場に出たことのなかったマロリーだが、自ら養父殺しの犯人の捜査に乗り出していく……。

【読みどころ】連続殺人事件の解決もさることながら、本作では並はずれた美貌を持つマロリーという特異な人間の言動に焦点が当てられ、続くシリーズ(全12作)の序幕といった趣だ。<石>

(東京創元社1320円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外