「クリムゾン・リバー」 ジャン=クリストフ・グランジェ著 平岡敦訳

公開日: 更新日:

 フランス産のミステリーというと、心理描写に長け、錯綜とした思索をめぐらすといった雰囲気が強かったが、英米ミステリー流のサイコスリラーとハリウッド映画のような派手なアクションを持ち込んで、旧来のイメージを覆したのが本書。一躍大ベストセラーとなった後、ジャン・レノとバンサン・カッセル主演で映画化され、公開2カ月足らずで300万人もの観客動員を記録する異例の大ヒットとなった。

【あらすじ】ピエール・ニエマンス警視正は、司法警察組織犯罪対策班の元花形刑事。しかし激高すると見境なしに暴力を振るってしまうことから、殺人捜査の第一線から外されていた。今回もまたイギリス人フーリガンを叩きのめしてしまい、このままでは問題になると思った上司は、ニエマンスをゲルノンという小さな大学町で起きた事件の捜査に送り込む。

 被害者は大学の図書館司書で、岸壁の割れ目に胎児の格好で押し込まれ、体中に拷問の痕があり、しかも両目をえぐられていた。ほぼ同じ頃、ゲルノンから300キロ離れた町サルザックでは、小学校での盗難と墓荒らしが起きていた。捜査に当たるのは孤児院育ちのアラブ人2世のカリム・アブドゥフ警部。優秀な刑事だが上層部に逆らったため田舎町に左遷されていた。

 この一見無関係な2つの町で起きた事件だが、事件を追っていくうちにひとつにつながっていく。そのカギになるのが「我らは緋色の川(クリムゾン・リバー)を制す」という謎の言葉だった--。

【読みどころ】タイプはまったく違うがともに破天荒な2人の刑事が、事件解決に尋常でない執念をもって突き進んでいく姿は、まさにハリウッド映画を彷彿とさせる。本書を読んだ後に映画(DVD)を見ると、面白さ倍増。 <石>

(東京創元社1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に