「悲しみのイレーヌ」 ピエール・ルメートル著 橘明美訳

公開日: 更新日:

 2014年、日本国内の4つの年間ミステリーランキングの海外部門の第1位に輝くほか、英仏2つの賞を獲得して「史上初の6冠達成!」と話題を呼んだ「その女アレックス」は、カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズの第2作で、その翌年邦訳されたシリーズ第1作が本書だ。

【あらすじ】パリ警視庁犯罪捜査部のカミーユ・ヴェルーヴェン警部は、145センチの短躯。画家である母親の喫煙が胎児に栄養不良を招いての結果だ。それ故結婚など無縁と思っていたが、40歳で出会ったイレーヌの登場で人生は一変。カミーユはル・グエン警視を長とする捜査班の班長。配下には、ハンサムで金持ちのおぼっちゃんのルイ、ケチだが粘り強い捜査が信条のベテラン刑事アルマン、浪費家で女好きのマレヴァルがいる。

 この個性的なチームのもとにパリ北西部の郊外で女性2人が異様な手口で惨殺されたという報告が入ってきた。ベテランの鑑識員ですら経験のない死体の損壊ぶりに一同は唖然とさせられる。しかも壁には《わたしは戻った》という謎の言葉が血で書き付けられていた。調べを進めていく中で、カミーユたちは以前起きた未解決の若い女性の切断事件との関連があるのではないかと推察する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に