「空と風と時と小田和正の世界」追分日出子著

公開日: 更新日:

「空と風と時と小田和正の世界」追分日出子著

 アーティスト小田和正は、75歳を過ぎても全国ツアーを行い、あの類いまれな美声で歌い続けている。そのストイックなまでの音楽人生を記録した圧巻の人物評伝。何年にもわたる本人へのインタビューと周りの人々が語る小田和正論に加え、60曲の歌詞とツアー随行記も収録されている。

 小田和正は1947年、横浜の小田薬局の次男として生まれた。耳にする音楽のジャンルが広がっていく時代に育った。母が歌う子守歌や唱歌に始まり、隣のパチンコ屋から鳴り響く歌謡曲、ラジオから流れてくるアメリカンポップス、映画音楽、学校で歌う賛美歌。高校時代にギターを買ってもらって仲間と演奏するようになり、学校のクリスマスパーティーや学園祭で大ウケ。これぞ青春だった。

 その後、小田は東北大学工学部で建築を学んだ。建築か、音楽か。迷わなかったわけではないが、小田は高校のバンド仲間とオフコースを結成、大好きな音楽の道を選んだ。同世代の学生の多くは、学園闘争を経た後、長髪を切って就職していった。

 吉田拓郎や泉谷しげるが強い音と言葉でメッセージを発信していた時代に、オフコースは空や風や時の移ろいをやさしい歌にした。小田は透き通るような高音で「君を抱いていいの 好きになってもいいの」(「Yes-No」から)と歌った。人気が高まるにつれて、オフコースには「女々しい」という言葉がつきまとうようになる。でも、自分たちの音楽を時代に合わせる気はなかった。

「愛を止めないで」「言葉にできない」「さよなら」などのヒット曲を送り出したオフコースは、1989年に解散。ソロになってからも小田は、青い空、やさしい風を歌った。なにげなく、しかしかけがえのない日々のひとコマを歌詞にした。カッコつけてもいないし、とがってもいない。だからこそ普遍性を獲得し、時代を超えて聞き手の心にしみるのだろう。

 たくさんのファンとスタッフに支えられた小田和正の音楽人生はこれからも続く。続いてほしいと願う。

(文藝春秋 3190円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める