「ほぼねこ」RIKU著

公開日: 更新日:

「ほぼねこ」RIKU著

 空前のネコブームは、勢いを増すばかりで、昨年だけで飼い猫の数は新たに30万匹以上も増えたそうだ。

 そんなネコ人気にあやかってというわけでもないだろうが、こちらはネコはネコでもネコ科の大型動物たちの写真集。

 表紙にも登場する旭山動物園のトラ「シン」は、別ページで大きな舌で毛づくろいをしているのだが、その舌はネコと同じで、無数の突起でざらざらしている。

 大森山動物園のユキヒョウ「ヒカリ」は、後ろ脚で立ち上がって自慢の肉球を見せつけている。何ともかわいい立ち姿。

 ほかのページでは、まるで親が子に教えているかのように、一緒に爪とぎをしているライオンの親子「オリトとレイ」(旭山動物園)、前脚を伸ばしてストレッチしているかのように体を伸ばすユキヒョウのヒメル(いしかわ動物園)など。

 トラもライオンもユキヒョウも、体こそネコの何倍もあり、俗に猛獣と呼ばれる動物たちだが、遺伝子のなせるわざか、写真を見ていると彼らの表情やしぐさはネコと同じ。何より本家に負けず劣らず、かわいい。

 ミニチュアダックスフントを飼い始めたのを機に一眼レフカメラを手にしたという著者は、動物園で見たトラとユキヒョウの美しさに感銘。以後、会社員として働きながら、休日に全国の動物園に足を運び、主にネコ科の動物たちを撮影して、その作品をSNSで発表しているという。

 ならば、撮影は動物園の柵越しのはずなのに、そうとは思えぬほどその作品は、動物たちの生き生きとした自然体の姿を切り取っている。

 雪が舞う中、立派なタテガミを風になびかせてレンズを真正面から見つめる百獣の王。そんな風格を感じさせるオリト(旭山動物園)も、次のページでは腹を出して地面に寝転び、舌を出してくつろぐ姿はまさにネコそのもの。「ONとOFF」というタイトル通り、そのギャップがまた一段と見る者の心をわしづかみにするところは、ネコのツンデレと同じようだ。

 子育てが大変なのは動物界も一緒。鼻先にレイのパンチ(ネコパンチならぬライオンパンチ)をくらって思わず顔をしかめるオリトや、爪とぎ中にじゃれかかってきた子どもに首筋をかまれて悲鳴を上げる母ライオンのイオなど。百獣の王も子どもの予想外の行動にはお手上げだ。

 そのお返しでもないだろうが、別のページでは雪の中にたたずんでいたオリトが首をブルブルすると、横にいたレイの顔が親のタテガミに積もった雪をかぶって真っ白になってしまったマンガのような連写ショットもある。

 大の字で転がるユキヒョウ、ヒメル(いしかわ動物園)のもふもふのお腹に顔をうずめて「ネコ吸い」ならぬ「ユキヒョウ吸い」ができたらどんなに幸せなことだろう。それは決してかなわぬ夢だが、そんな妄想を抱かせてくれるネコ好きにはたまらない一冊。

(辰巳出版 1650円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白