「名も無い街は 空想と共に」日下明著

公開日: 更新日:

「名も無い街は 空想と共に」日下明著

 湖だろうか、静かな水面に浮かぶボートの上で、こちらに背を向けた男が、2本の棒を操り巨大なシャボン玉を作り出すと、星がきらめき、三日月が輝く夜空に街の夜景がシルエットで浮かび上がる。

 ページを開いて最初に目にするこの作品で、読者をたちまち別世界へと連れて行ってくれるイラスト作品集。

 そここそが、シャボン玉の膨らんでいる時間だけ存在する「名も無い街」なのだろうか。説明がないので臆測でしかないが、その街のあちらこちらで起きているであろうその瞬間を、作品に仕立てたと思われる幻想的な光景が繰り広げられる。

「月」と題された巻頭の章の「降り注ぐ未知」というタイトルの作品では黒ずくめの男が、屋根裏部屋の天窓から見える夜空を、天体望遠鏡──ではなくトランペットでのぞき込んでいる。

 次ページの「I'm on cloud nine」では同じ人物と思われる男が、手にした三日月を守るように雨宿りをしている。しかし、彼の頭上に雨雲が垂れ込めているので、どこに行っても雨から逃れられそうにない。

 さらにページが進み、「この街の灯り」という作品では、三日月を手にした男は街灯の中にすっぽりと収まるミニサイズとなり、ベンチに座って三日月の明かりで街を照らしているという具合だ。

 この3枚の作品を目にしただけでも、ここはどのような街なのだろうかと、さまざまな想像が湧きあがり、読者はそれぞれの物語を紡ぎ出し始めることだろう。

 続く「道」の章の「止まらないコンパス」という作品は、それまでとは一転して明るい画調で、砂漠を思わせる乾燥した大地の上で線路が交差。どちらも線路は砂にのみ込まれるように途中で消え、周囲の塔のような大小の建物の上では、青と赤に塗り分けられた方位磁針がぐるぐると回り、見る者の心を戸惑わせ、不穏にさせる。

 かと思えば、次の「姿」の章には、病院の一角だろうか、ベンチに女性と腕を三角巾で保護したシロクマが並んで座っていたり、水底の椅子に座った潜水士が隣に座る人魚に本を読み聞かせている「湖底の本読み」などファンタジー色がより濃い作品もある。

 どの作品からも物語性とともに、どこからともなくBGMが聞こえてきそうな音楽性を感じる。それもそのはず、音楽活動もする著者は絵と音と言葉のユニット「repair」としても活動(トロンボーン担当だと知り、冒頭の天体望遠鏡の件も納得)。

 個人、そしてrepairの活動に共通するコンセプトは「相反する世界」だと著者は言う。

「開放的で閉鎖的、優しいけど怖い、美しさの中に物悲しさがある」というように、異なる世界の同居、相反する世界を表現するモチーフのひとつが月だという。その言葉通り、冒頭に登場する月は別の章でもさまざまな場面で登場。相反する世界の中心に放り込まれた読者を不思議な読後感に導く作品集だ。

(芸術新聞社 2750円)

【連載】GRAPHIC

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮