「雨とほくろ」凪著

公開日: 更新日:

「雨とほくろ」凪著

 自らを「かわいい屋さん」と称し、「かわいい」をテーマにさまざまな女性たちの姿を描いてきた人気イラストレーターの作品集第2弾。

 ページを開いて、真っ先に目に飛び込んでくる作品に男性読者はドキッとするのではなかろうか。

 アップで描かれた女性は、軽く目を閉じ、その周囲には涙を思わせるいくつもの水滴が描かれている。

 作品のタイトルは「朝露」とあるので、水滴は何かの拍子に顔に降りかかってきた朝露であり、目をつぶっているかのように見える女性の表情は、突然の災難に目を伏せただけかもしれない。しかし、その表情には陰りがあり、思わず声をかけたくなるほどはかなげだ。

「春一番」と題された作品では一転、力強い瞳で真正面を見つめている女性が描かれる。見つめる先には何があるのか。学生のようなシンプルで清楚な装いの彼女の髪は、タイトル通り、風にあおられ乱れているが、それも気にならないようで、その瞳は一途だ。

 春、彼女が見つめているのは、まさに未来なのだろう。その乱れた髪の間から、口元の小さなほくろがのぞいている。

 この作品の隣のページには、新生活が始まり、慣れないハイヒールを履き、かかとに貼られた絆創膏に血がにじんでいる足元だけを描いた「張り切り」と題された小品がそえられている。

「春一番」の彼女のように、そして書名にもあるように、多くの登場人物にほくろが描かれている。

 シンガー・ソングライターの吉澤嘉代子さんとの巻末対談で、著者はその理由を「ほくろやそばかすが好きで、それもその子のパーソナルな感じ」がするからだと語っている。

「夕立」という作品では、突然の雨による湿気で髪の毛が「ぼわぼわ」になってしまった女の子が描かれる。

 特に髪はこだわって描くという著者は、どんなにワックスとかで押さえていても「アホ毛みたいな、フワッと浮いている短い毛」も好きだという。現実で「アホ毛がない女の子はいない」と思うからだそうだ。

 泣いて流れたメークの跡も、ぼさぼさになってしまった髪など、普段女の子が隠したい、見せたくないという姿も作品に描き込むのは「どんな瞬間も『かわいい』」「『ほくろ』もかわいい」んだよ、という女性たちの存在を丸ごと肯定するメッセージでもあるようだ。

 描かれている女の子たちの髪形もトレンドの最先端が取り入れられており、対談相手の吉澤氏が「『この髪形をお願いします』って美容室に絵を持って行きたくなる」ほどだという。

 髪形だけに限らず口紅の色やまつ毛のカラーマスカラまでこだわったメークや、浴衣やドレスなどの装い、イヤリングやピアスなどの装飾品まで。季節の移ろいに合わせ、とことんプロデュースして描かれた女性たち。

 その一人ひとりを見つめていると、彼女たちの声までもが聞こえてきそうだ。

(芸術新聞社 2750円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…