「AI監獄」ウイグルジェフリー・ケイン著、濱野大道訳

公開日: 更新日:

「AI監獄」ウイグルジェフリー・ケイン著、濱野大道訳

 中国政府は、2017年以降、新疆ウイグル自治区でウイグル人やカザフ人ら推定180万人もの人々を「思想ウイルス」や「テロリスト思考」を持っているとして強制収容所に連行して拷問や洗脳、教化を実施。収容所送りを免れたとしても、私生活は常に幾重にも監視され、「心のウイルス」に感染していないか確かめられる。

 すべての立ち寄り先でIDカードをスキャンされ「信用できる」という表示が出なければ入場を許されない。信用できるかどうかは、顔認証カメラの記録によってAIが判断。中国政府が目指しているのはひとつの民族のアイデンティティー、文化、歴史を葬り去り、何百万という人々を同化させることだという。

 最先端の監視技術を用いてディストピア化したウイグルの実態を告発するノンフィクション。 (新潮社 1100円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差