「奄美でハブを40年研究してきました。」服部正策著

公開日: 更新日:

「奄美でハブを40年研究してきました。」服部正策著

 ハブは環境適応能力が高く、砂浜や畑などだけでなく家の中にも入ってくるので就寝中にかまれる人も少なくない。世界の毒蛇の中ではハブは下から10番目以内だが、毒の量が多く個体数も多いので奄美の人びとを苦しめている。ハブ毒はタンパク質の混合液なのでかまれると内出血を起こし、筋肉の細胞が壊死して歩行障害や指の動作不良といった後遺症が残ることもある。

 現在の血清は筋肉の壊死には十分な効果がない。血清を打っても痛みは続く。ハブにかまれたら毒量を減らすために、まず傷口を洗って毒液を吸い出すことが必要。119番するのはその後だ。

 奄美病害動物研究施設勤務の研究者からのメッセージ。

(新潮社 1760円)

【連載】今日の新刊

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変