「底惚れ」青山文平著

公開日: 更新日:

「底惚れ」青山文平著

 武家屋敷で一季奉公を重ねてきた俺は今、とある貧乏藩の御老公の隠居所で働いている。とはいえ、御老公はお家の事情で隠居させられた21歳の若者だ。

 ある日、俺は暇を出された下女の芳を実家の相模に送り届けるよう命じられる。芳は御老公の夜の相手を務め、子まで成したが、後継ぎ問題を恐れた側近に暇を出されたのだ。芳が不憫でならない俺は、その情報を金に換え、芳に渡すつもりだ。

 了解を求められた芳は、その夜、俺を刺して遁走。芳は御老公に「底惚れ」していたようだ。九死に一生を得た俺は、芳が実家に戻っていないことを知る。俺を殺したと思い込んでいるのだろう。芳が女郎屋に身を沈めているとにらんだ俺は、その行方を探す。

 柴田錬三郎賞・中央公論文芸賞をダブル受賞した時代長編。

(徳間書店 880円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで