裁判中の相手にチクリ? 土屋アンナ「嘘はダメよ」と子供教育

公開日: 更新日:

 20日、土屋アンナ(29)が雑誌「小学一年生」の2014年モデルオーディションに審査員として参加した。

 土屋といえば、主演舞台「誓い~奇跡のシンガー」の中止騒動で裁判の真っ最中。同舞台の監督・甲斐智陽こと高橋茂氏から「舞台中止は土屋が稽古を無断欠席したことが原因」として約3000万円の損害賠償を請求されている。7日に東京地裁で行われた民事訴訟の第1回口頭弁論後、初の公の場となった土屋。イベント終了後に報道陣から「次の裁判には出ますか?」と聞かれると、口をチャックするジェスチャーをし、人さし指を口に当てて無言のまま笑顔で会場を後にした。

 イベント会場の脇で娘を見守っていた所属事務所社長で母親の土屋眞弓氏は、「真実はひとつしかない。アンナも頑張っているので、よろしくお願いします」と娘の気持ちを代弁。
「嘘はダメ。よく食べて、よく動きなさいと教えている」と語っていた2児の母。嘘はダメ……自問自答か、それとも監督に向けた言葉なのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る