ダイアモンドユカイ 梅沢富美男に“下ネタ”弟子入り志願

公開日: 更新日:

 24日、ダイアモンド☆ユカイ(51)が東京タワー大展望台でカバーアルバム「RespectⅡ」の発売イベントを開催。アルバムに収録されている梅沢富美男(63)の「夢芝居」を熱唱すると、梅沢本人がゲストとして登場した。

 かぶき者をイメージしたアルバムジャケットに「おじいさんが能の先生をやってた。能のことは全然知らない、<オー、ノー(能)>みたいな」「衣装が<いいっしょ>」とダジャレをかましていたユカイだが、この日は梅沢の方が一枚上手だった。まずは「能の先生ってスケベなのよ。堅いことやってるヤツって下半身緩みっぱなし。僕も緩みっぱなし。うちの母親が青森出身で父親は北九州出身なんだけど、上半身が九州で下半身は青森だと調べて分かった。だからだらしないんだなと」と下ネタ全開。「オレも下半身はロックですよ!」と笑わせた。

 ユカイも負けじと「オレは夜、妻と結ばれることを卒業しました。“卒結(そっけつ)”です」と意味不明な宣言をするも、梅沢は「僕が相談したいくらい。今、女房とちょっと仲悪いですから。ポール(マッカートニー)のライブにうちの女房がひとりで行ってて、僕は知らなかった」と自ら夫婦不仲を暴露。ユカイは先輩の迫力に押されっぱなしだった。

 梅沢から着物をプレゼントされ、「弟子にしてください」と頼んだユカイ。梅沢は「丁重にお断りします。うちの客席はババアばっかりですから、いきなりマイク蹴飛ばしたらビックリする」と言って笑わせていたが、後継者にはピッタリ!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る