「軍師官兵衛」苦戦…岡田准一に立ちはだかる大河ジンクス

公開日: 更新日:

 逆に、この10年で期間平均が20%を超えた06年「功名が辻」、08年「篤姫」、09年「天地人」はいずれも初回が“西低東高”だった。

「関西は“商人の街”ですから、話題にはすぐに飛びつきますが、つまらないとなったら見切るのも早い。初回の視聴率はアテになりません。『軍師官兵衛』もこの先2、3カ月の内容次第でしょうが、加えてジャニーズのタレントが主演の大河はパッとしないというジンクスもあります。東山紀之主演の『琉球の風』(93年)しかり、香取慎吾主演の『新選組!』しかりです」(在阪テレビ局関係者)

 今をときめく岡田は、ジンクスを破れるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る