「明日ママ」騒動で施設と病院を怒らせた日テレの不誠実

公開日:  更新日:

 日本テレビ系の連ドラ「明日、ママがいない」(水曜22時~)への相次ぐ抗議。赤ちゃんポストを運営する慈恵病院(熊本市)が放送中止を求めたのに続き、21日は全国児童養護施設協議会(全養協)と全国里親会が厚労省で記者会見を開いた。

「自殺する子供が出てきたらどうするつもりなのか。施設の子供も職員も必死で生きている。それに真っ向から水を差すドラマだった」

 こう口火を切ったのは、全養協会長で「鳥取こども学園」の施設長でもある藤野興一氏。

「主演の芦田愛菜ちゃんが小学3年生だからだと思うんですが、同じ学年の子供がほかの子供に“おまえが主人公か”と根掘り葉掘り聞かれて大変だったケースもある。いかにフィクションとはいえ、当事者の子供たちはしんどい。ある程度経験を積んだ大人なら明確でも子供たちがフィクションと見れるのか。(過激な内容の)学園ドラマもあるが、身近な存在である学校とは違う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る