日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好発進の足を引っ張りかねない フジテレビの“天誅”

 今期の連ドラで、初回視聴率トップはTBSの「S―最後の警官―」だが、2位の「失恋ショコラティエ」と3位の「福家警部補の挨拶」は、いずれもフジテレビだ。

「フジテレビのドラマは凋落一途なんていわれてきましたが、今期は人気シリーズの『チーム・バチスタ4』と『医龍4』も12~13%で安定しているし、出足は合格点といえるでしょう」(芸能ライター)

 他局にもずぬけたドラマは見当たらず、お台場も胸をなで下ろしているかと思いきや、「あす(24日)の夜は眠れないでしょうね」とはあるフジテレビ社員。金曜ドラマ「天誅 闇の仕置人」が始まるからだ。現代に突如として現れた謎の女忍者サナ(小野ゆり子)が、おせっかいおばさんの正子(泉ピン子)とともに“闇の仕置人”となり、DV夫や振り込め詐欺犯などに天誅(てんちゅう)を下していく……。勧善懲悪の痛快アクション人情ドラマ、らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事