日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京で日本一芸能人に遭遇できる意外なホテル

 東京に住んでいるのに芸能人に会えない……。そんな悩みを持つミーハーの方々に、耳より情報だ。

 行けば「芸能人遭遇率ほぼ100%」のホテルをご紹介しよう。場所はズバリ「目黒雅叙園」。老舗のホテル&結婚式場で、和をイメージした装飾や家具が並び、朱色の橋がかかったトイレもある。いかにも外国人観光客が好きそうな内装。確かに、外国人も多いが、著名人の数もハンパではない。

 日刊ゲンダイ本紙記者が1月某日、入り口で待つこと15分。まず現れたのは「料理の鉄人」でおなじみの道場六三郎(83)。ボーイと顔なじみなのか「お疲れさま」と気さくに声をかけていた。

 次に現れたのは辰巳琢郎(55)。カジュアルな装いで宴席の名前が書かれた掲示板を食い入るように見つめ、会場へと消えていった。

 キラキラしたマントのようなコートを羽織って歩いてきたのはファッションデザイナーの山本寛斎(69)。襟を立て、魔法使いのような風貌でかなりの異彩を放っていた。そして、山本が歩いていた廊下に面したラウンジでは、ミッキー・カーチス(75)がお茶を飲んでいた。

 若干、年齢層は高めだが、小一時間でこの遭遇率である。まさに穴場スポット。一般的にはビミョーにアクセスが悪いのも芸能人には逆にありがたいのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事