女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向 

公開日: 更新日:

「この場をお借りして言いたいことがあります。私、大島優子はAKB48を卒業します」

 昨年の大晦日、NHK紅白で「恋するフォーチュンクッキー」を歌った後の電撃発表に、会場は騒然とした。

 まあ、そうはいっても、ここ最近のAKBに「卒業」はつきもの。「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。

 自身のライブではなく、複数のアーティストが集まる紅白歌合戦の場で発表したことが非難の対象にもなっているが、大島にとって、歌手としてのステージはすでに過去の居場所に過ぎないという。冒頭の言葉に続けて、「こうして紅白歌合戦に出場させていただくのも、これが最後になりました。感謝の気持ちを込めて、歌わせていただきます」と話し、ブログでは「いつの日か、女優・大島優子として審査員席に呼ばれるように…」と記述。女優一本での活動を宣言しているのだ。果たして「女優・大島」は通用するのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る