日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全敗でも立候補 マック赤坂氏の“挑戦姿勢”がネットで話題

「なぜマック赤坂は立候補し続けるのか?」と、ネットで盛り上がっているのが、大阪市長選のマック赤坂候補だ。

「当選したら『マクド大阪』に改名する」といった珍言や奇抜なパフォーマンスを繰り返す「泡沫候補」だが、政治に関心のない若者たちが目を向けているようなのである。

■10連敗

 2007年の東京都港区議選を皮切りに、今年2月の都知事選まで地方、国政合わせて10回立候補し、落選し続けている。政見放送ではスーパーマンや宇宙人を模した衣装で「スマイルセラピー」を提唱、スマイル党公式HPには「日本をポジティブに!!」とあり、恒久平和、弱者救済、うつ病革命、恋愛革命、幸福革命など「マニュフェスト8大革命」を掲げる。

 今回は「大阪市民に足りないのはスマイルだ」と訴え、橋下徹前市長(44)に政策討論を呼びかけている。橋下氏の個人演説会で質問しようとして羽交い締めにされ、追い出された。マック氏は傷害容疑で大阪府警曽根崎暑に告訴したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事