• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首都圏ニュースでもスルー…際立ったNHKの「都知事選」無視

 東京都知事選の結果は出たが、この間のテレビ報道を見る限り、「ホントに都知事選をやっているのか」と思うこともあるほど静かだった。なかでもNHKのほとんど無視とも言える姿勢は際立っていた。

 例えば、朝の定番「おはよう日本」。6日の6時台と7時台の優先度の高い7項目は九州北部・四国で積雪、去年の働く人1人当たりの給与総額が前年と同額、聖火到着や浅田真央のソチ五輪関連などで、都知事選のニュースはなく、7日からの選挙制度の7党協議やベルリン映画祭開幕を取り上げていた。翌日はどうかというと、「おはよう日本」では1秒も報じなかった。

 思わず、「ニュースは明日のことより、今でしょ!」と突っ込みたくなったほどだ。

 で、7日に圧倒的に時間を割いたのが開会式前に競技が始まったフィギュアやモーグルなどのソチ五輪関連ニュース。現地の上條倫子アナが「たっぷりお伝えします」と前振りし、およそ13分も割いた。米欧首脳が開会式に欠席する中での安倍首相のロシア訪問、「辞職・出直し」という名の橋下徹大阪市長の“逆ギレ市長選”は伝えたものの、都知事選は音なしの構え。7時45分からの首都圏ローカル枠では取り上げるのではと期待したが、ここでも一切なし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る