• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食事会は女子で大盛況 「バツ2」フジ佐野アナがモテる理由

 フランスやイタリアなら普通でも、まだ日本ではレアケースだ。6年半前に再婚したフジテレビの佐野瑞樹アナウンサー(42)が、また離婚していたことが分かった。これでバツ2である。

 華やかな業界にいるとはいえ、れっきとしたサラリーマン。原因が何にせよ、繰り返される結婚解消には“社会人失格”の烙印を押されそうだが、仕事面の評判は上々だ。

「めちゃイケ」「THE MANZAI」といったバラエティー番組でお茶の間にも顔が売れていて、男性アナのエースといわれる伊藤利尋アナウンサー(41)と並ぶ同局の大黒柱。上層部の信任も厚いという。

「女子アナからも人気です。バラエティーで場数を踏んでいるから座持ちもよく、カネ払いもいい。サラリーマン社会では、なんだかんだと理由をつけて上司の誘いを断るなんて当たり前ですが、佐野の食事会に限っては、いつも盛況だそうです。彼からの誘いを断る女子アナは、ほとんどいないと聞きます」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る