食事会は女子で大盛況 「バツ2」フジ佐野アナがモテる理由

公開日: 更新日:

 フランスやイタリアなら普通でも、まだ日本ではレアケースだ。6年半前に再婚したフジテレビの佐野瑞樹アナウンサー(42)が、また離婚していたことが分かった。これでバツ2である。

 華やかな業界にいるとはいえ、れっきとしたサラリーマン。原因が何にせよ、繰り返される結婚解消には“社会人失格”の烙印を押されそうだが、仕事面の評判は上々だ。

「めちゃイケ」「THE MANZAI」といったバラエティー番組でお茶の間にも顔が売れていて、男性アナのエースといわれる伊藤利尋アナウンサー(41)と並ぶ同局の大黒柱。上層部の信任も厚いという。

「女子アナからも人気です。バラエティーで場数を踏んでいるから座持ちもよく、カネ払いもいい。サラリーマン社会では、なんだかんだと理由をつけて上司の誘いを断るなんて当たり前ですが、佐野の食事会に限っては、いつも盛況だそうです。彼からの誘いを断る女子アナは、ほとんどいないと聞きます」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る