• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食事会は女子で大盛況 「バツ2」フジ佐野アナがモテる理由

 フランスやイタリアなら普通でも、まだ日本ではレアケースだ。6年半前に再婚したフジテレビの佐野瑞樹アナウンサー(42)が、また離婚していたことが分かった。これでバツ2である。

 華やかな業界にいるとはいえ、れっきとしたサラリーマン。原因が何にせよ、繰り返される結婚解消には“社会人失格”の烙印を押されそうだが、仕事面の評判は上々だ。

「めちゃイケ」「THE MANZAI」といったバラエティー番組でお茶の間にも顔が売れていて、男性アナのエースといわれる伊藤利尋アナウンサー(41)と並ぶ同局の大黒柱。上層部の信任も厚いという。

「女子アナからも人気です。バラエティーで場数を踏んでいるから座持ちもよく、カネ払いもいい。サラリーマン社会では、なんだかんだと理由をつけて上司の誘いを断るなんて当たり前ですが、佐野の食事会に限っては、いつも盛況だそうです。彼からの誘いを断る女子アナは、ほとんどいないと聞きます」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る