• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TVでお馴染み コリア・レポート編集長・辺真一氏の原点

 クールに、時に大胆に--。わかりやすい朝鮮半島情勢分析で定評のある辺真一氏(67)。それは政治的思惑やイデオロギーを分析に持ち込まないからだろう。情報の見極め方、スクープの嗅ぎつけ方の“原点”を聞いてみた。

「この写真、僕の隣にいるのは、中華人民共和国の最高指導者・鄧小平の長女・鄧林です。今から25年前の89年11月、中国人民解放軍国際問題研究所に招待されましてね。朝鮮半島情勢について講演したのです。何日か滞在しているときに、中国政府関係者から『鄧小平の娘に会ってみないか?』と打診された。当時の日本には、“鄧小平死亡説”が流れていて、『これはスクープ!』と胸が高鳴った。それで、彼女に会ったときの写真がコレ。僕が42歳で、彼女は48歳です」

 招待された研究所は、海外情勢を分析するシンクタンク。講演には十数人の研究者が参加。「元人民解放軍副総参謀長」なんて肩書のお偉いさんも。テーマは、韓国の盧泰愚政権の安定度と韓国の北朝鮮政策について。中国は韓国と国交を結ぶ3年前だったから、情報を直接入手するルートがなく、辺さんに白羽の矢を立てたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る