日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TVでお馴染み コリア・レポート編集長・辺真一氏の原点

 クールに、時に大胆に--。わかりやすい朝鮮半島情勢分析で定評のある辺真一氏(67)。それは政治的思惑やイデオロギーを分析に持ち込まないからだろう。情報の見極め方、スクープの嗅ぎつけ方の“原点”を聞いてみた。

「この写真、僕の隣にいるのは、中華人民共和国の最高指導者・鄧小平の長女・鄧林です。今から25年前の89年11月、中国人民解放軍国際問題研究所に招待されましてね。朝鮮半島情勢について講演したのです。何日か滞在しているときに、中国政府関係者から『鄧小平の娘に会ってみないか?』と打診された。当時の日本には、“鄧小平死亡説”が流れていて、『これはスクープ!』と胸が高鳴った。それで、彼女に会ったときの写真がコレ。僕が42歳で、彼女は48歳です」

 招待された研究所は、海外情勢を分析するシンクタンク。講演には十数人の研究者が参加。「元人民解放軍副総参謀長」なんて肩書のお偉いさんも。テーマは、韓国の盧泰愚政権の安定度と韓国の北朝鮮政策について。中国は韓国と国交を結ぶ3年前だったから、情報を直接入手するルートがなく、辺さんに白羽の矢を立てたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事