主演ドラマ好発進 上野樹里の魅力は好き嫌い分かれる“二面性”

公開日: 更新日:

「天然」とも「天才」ともいわれる女優・上野樹里(27)の面目躍如だろう。先週11日にスタートした主演ドラマ「アリスの棘」(TBS系)の初回視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進だ。

「前期の同じ枠は観月ありさ主演の『夜のせんせい』で、平均6%台と惨敗。それだけに今回も心配されていた。最近はスマホの普及でテレビ離れが進み、数字が取れないなんて言い訳をする若手スタッフもいますが、さすが上野樹里、客を引っ張れる女優ですね」(TBS関係者)

 そんな上野が演じるのは、医療ミスで父親を死に追いやった医師たちに復讐(ふくしゅう)するため、自ら医師になったという新人外科医。06年のドラマ「のだめカンタービレ」で演じた天然ボケのピアニストとは対照的な“ダークヒロイン”だ。

「のだめの天真爛漫(らんまん)なイメージから上野のファンになったという女性は大勢いますが、一方で08年のドラマ『ラスト・フレンズ』で性同一性障害のモトクロス選手といった“陰のある役”も好演している。明と暗という二面性が上野の魅力で、むしろダークヒロインは、はまり役でしょう」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る