主演ドラマ好発進 上野樹里の魅力は好き嫌い分かれる“二面性”

公開日:  更新日:

「天然」とも「天才」ともいわれる女優・上野樹里(27)の面目躍如だろう。先週11日にスタートした主演ドラマ「アリスの棘」(TBS系)の初回視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進だ。

「前期の同じ枠は観月ありさ主演の『夜のせんせい』で、平均6%台と惨敗。それだけに今回も心配されていた。最近はスマホの普及でテレビ離れが進み、数字が取れないなんて言い訳をする若手スタッフもいますが、さすが上野樹里、客を引っ張れる女優ですね」(TBS関係者)

 そんな上野が演じるのは、医療ミスで父親を死に追いやった医師たちに復讐(ふくしゅう)するため、自ら医師になったという新人外科医。06年のドラマ「のだめカンタービレ」で演じた天然ボケのピアニストとは対照的な“ダークヒロイン”だ。

「のだめの天真爛漫(らんまん)なイメージから上野のファンになったという女性は大勢いますが、一方で08年のドラマ『ラスト・フレンズ』で性同一性障害のモトクロス選手といった“陰のある役”も好演している。明と暗という二面性が上野の魅力で、むしろダークヒロインは、はまり役でしょう」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る