「呪怨」主演の佐々木希「シャワーシーンもありますけど…」

公開日: 更新日:

 ファッション誌編集部の女の闘いを描いたドラマ「ファースト・クラス」でのモデル役から一転、映画「呪怨―終わりの始まり―」では“呪われた佐伯家”の恐怖に立ち向かう女教師を演じる佐々木希。初のホラー演技への意気込みを聞いた――。

「映画はたくさん見るけどホラーは大の苦手。でも、舞台裏では特殊メークで(悪霊役たちの)赤い目とか、すごいなあって思ってじっくり見てた。撮影現場にもずっといるようにして、幽霊姿の俊雄くん(小林颯)とずっとおしゃべりしてたり。子供が大好きなんです」

 意外にもアットホームな現場だったそうだが、本番前には落合正幸監督が緊張感を高めてくれたという。

「その空気が心地よかった。大事なシーンでもこちらに任せてくれたりもして。今回は平凡な教師役ということもあるので、あまり作りこまず自然に演じました。ほかの人のお芝居に引っ張られて似た感じになるのも嫌だし、あくまで自分の感覚でいきたかったので、あえて直前にホラーや他の呪怨シリーズは見ませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る