「呪怨」主演の佐々木希「シャワーシーンもありますけど…」

公開日: 更新日:

 ファッション誌編集部の女の闘いを描いたドラマ「ファースト・クラス」でのモデル役から一転、映画「呪怨―終わりの始まり―」では“呪われた佐伯家”の恐怖に立ち向かう女教師を演じる佐々木希。初のホラー演技への意気込みを聞いた――。

「映画はたくさん見るけどホラーは大の苦手。でも、舞台裏では特殊メークで(悪霊役たちの)赤い目とか、すごいなあって思ってじっくり見てた。撮影現場にもずっといるようにして、幽霊姿の俊雄くん(小林颯)とずっとおしゃべりしてたり。子供が大好きなんです」

 意外にもアットホームな現場だったそうだが、本番前には落合正幸監督が緊張感を高めてくれたという。

「その空気が心地よかった。大事なシーンでもこちらに任せてくれたりもして。今回は平凡な教師役ということもあるので、あまり作りこまず自然に演じました。ほかの人のお芝居に引っ張られて似た感じになるのも嫌だし、あくまで自分の感覚でいきたかったので、あえて直前にホラーや他の呪怨シリーズは見ませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る