日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「呪怨」の俊雄くんも顔負け…坂田利夫の白塗りパンツ姿

 白塗りにパンツ一丁がこれほど似合う72歳は、そういない。

 坂田利夫が11日、映画「呪怨―終わりの始まり―」の公開記念イベントに“乱入”。体を張って、会場を沸かせた。この日は、同作に白塗りパンツ一丁の幽霊・俊雄くん役で出演している小林楓(8)との共演。同じ名前の「としお」つながりで招集された坂田師匠は、「ワシがほんまもんの『としお』や!」と畳みかけたり、「細いでしょ?」と“美脚”をアピールしたりと大活躍。

 役になりきり、微動だにしない俊雄くんが「おじいちゃん…」とつぶやくと、「誰がおじいちゃんやねん!」と絶妙の返しを披露していた。この人にはかないません…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事