“首切り”で大荒れ フジ株主総会で噴出「日枝辞めろ」コール

公開日:  更新日:

 会場入り口はフジテレビ社員と警備員であふれ、福島原発事故後の東電の株主総会のような厳戒ムードだったという。

 27日、東京・台場のホテルで開かれた、フジ・メディア・ホールディングスの株主総会。注目は株主から提案された「役員の75歳定年の導入」。つまり、「フジの天皇」こと日枝久会長(76)のクビ切り議案だった。可決されれば「日枝王国」の崩壊につながるだけに、フジ関係者からも期待する声が漏れていたが、あえなく否決されてしまった。

「総会議長の日枝会長の強引な議事進行が原因ですよ。株主に一応、提案理由を説明させたが、形だけ。あっという間に採決に出ると、200~300人の社員株主が拍手してシャンシャン。ロクに数も数えず、それで<ハイ否決>ですからね。でも、会場からは<日枝辞めろ><報酬が高すぎる>といった怒号が飛び交っていましたよ」(出席した株主)

 名経営者で知られた故・土光敏夫元経団連会長は「責任者が自分のポストを守ろうとしがみついている限り、後継者は育たない」との名言を残したが、日枝は何が何でもポストにしがみつき続ける気らしい。

 これでまたフジの番組はますますつまらなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る