人気ドラマは生も録画も高視聴率…「録って見たい」の幻想

公開日:  更新日:

 ビデオリサーチが14日に「タイムシフト視聴率(録画再生率)」を初めて公表し、話題になっている。今回公表されたのは3月31日から3カ月間のデータ。

 その番組がリアルタイムじゃなくて録画でどれぐらい見られているかという“録画視聴率”のことで、放送から7日以内の再生率が最も高かったのが、TBS系の連続ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の7・7%。ちなみに、上位10番組のうち8番組がドラマだ。

「これまでドラマの制作スタッフは、数字が振るわないと、『生の視聴率だけでよしあしは測れない』なんて言い訳してきました。が、今回トップ10に入ったドラマは、フジテレビ系『SMOKING GUN』以外、すべてリアルタイム視聴率でも2ケタを取っています。『面白いドラマほど録ってじっくり見る視聴者が多いはず』なんてのは逃げ口上で、幻想に過ぎないことがハッキリしたわけです」(テレビ誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る