人気ドラマは生も録画も高視聴率…「録って見たい」の幻想

公開日:  更新日:

 ビデオリサーチが14日に「タイムシフト視聴率(録画再生率)」を初めて公表し、話題になっている。今回公表されたのは3月31日から3カ月間のデータ。

 その番組がリアルタイムじゃなくて録画でどれぐらい見られているかという“録画視聴率”のことで、放送から7日以内の再生率が最も高かったのが、TBS系の連続ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の7・7%。ちなみに、上位10番組のうち8番組がドラマだ。

「これまでドラマの制作スタッフは、数字が振るわないと、『生の視聴率だけでよしあしは測れない』なんて言い訳してきました。が、今回トップ10に入ったドラマは、フジテレビ系『SMOKING GUN』以外、すべてリアルタイム視聴率でも2ケタを取っています。『面白いドラマほど録ってじっくり見る視聴者が多いはず』なんてのは逃げ口上で、幻想に過ぎないことがハッキリしたわけです」(テレビ誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る