「ルーズヴェルト」「弱くても」 明暗分けた野球リアリティー

公開日: 更新日:

 明暗を分けたのは「野球」だった? 
 唐沢寿明(50)主演の「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)と、二宮和也(30)主演の「弱くても勝てます」(日本テレビ系)の差が大きく開いている。

「ルーズヴェルト」は、25日放送の第5話で16.0%と、過去最高の視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。一方、二宮を抜擢した「弱くても」は徐々に数字が落ち込み、24日放送の第7話は9.9%と1ケタ台に。

 この2本の注目ドラマに共通している要素が「野球」。「ルーズヴェルト」は、生き残りをかけた企業の激しいバトルと並行して、名門社会人野球部の廃部をかけた攻防が描かれている。「弱くても」は、超進学校に勤務することになった新人教師が弱小野球部の監督になり、奇想天外なセオリーで変わり者の部員たちと勝利を目指すストーリーだが、物語の“軸”になっている野球の描写に圧倒的な差があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る