• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ルーズヴェルト」「弱くても」 明暗分けた野球リアリティー

 明暗を分けたのは「野球」だった? 
 唐沢寿明(50)主演の「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)と、二宮和也(30)主演の「弱くても勝てます」(日本テレビ系)の差が大きく開いている。

「ルーズヴェルト」は、25日放送の第5話で16.0%と、過去最高の視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。一方、二宮を抜擢した「弱くても」は徐々に数字が落ち込み、24日放送の第7話は9.9%と1ケタ台に。

 この2本の注目ドラマに共通している要素が「野球」。「ルーズヴェルト」は、生き残りをかけた企業の激しいバトルと並行して、名門社会人野球部の廃部をかけた攻防が描かれている。「弱くても」は、超進学校に勤務することになった新人教師が弱小野球部の監督になり、奇想天外なセオリーで変わり者の部員たちと勝利を目指すストーリーだが、物語の“軸”になっている野球の描写に圧倒的な差があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る