「ルーズヴェルト」「弱くても」 明暗分けた野球リアリティー

公開日:  更新日:

 明暗を分けたのは「野球」だった? 
 唐沢寿明(50)主演の「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)と、二宮和也(30)主演の「弱くても勝てます」(日本テレビ系)の差が大きく開いている。

「ルーズヴェルト」は、25日放送の第5話で16.0%と、過去最高の視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。一方、二宮を抜擢した「弱くても」は徐々に数字が落ち込み、24日放送の第7話は9.9%と1ケタ台に。

 この2本の注目ドラマに共通している要素が「野球」。「ルーズヴェルト」は、生き残りをかけた企業の激しいバトルと並行して、名門社会人野球部の廃部をかけた攻防が描かれている。「弱くても」は、超進学校に勤務することになった新人教師が弱小野球部の監督になり、奇想天外なセオリーで変わり者の部員たちと勝利を目指すストーリーだが、物語の“軸”になっている野球の描写に圧倒的な差があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る