吉本ワールドツアーに選出 文枝の愛弟子・桂三輝の素性

公開日:  更新日:

 吉本の“グローバル化”が止まらない。
 17日、カナダ人落語家の桂三輝(サンシャイン=44)がワールドツアー開催発表会見を開いた。三輝は6代目桂文枝(71)の弟子。文枝の創作落語を英語、フランス語、スロベニア語に翻訳し、29日のイギリス・ロンドン公演を皮切りに、南アフリカ、ガーナ、フランス、スロベニアなど世界7カ国16カ所で39公演を行う。この日も英語やフランス語での小噺や、アコーディオンを使った漫談を披露。取材陣になぞかけを求められると、「ワールドツアーに行く三輝とかけて、扇子の素材と解きます。どちらもワシ(和紙)や!」と答え、拍手が起きた。

 三輝はカナダでミュージカルの劇作家・作曲家として活動していたが、29歳で初来日した際に桂文枝の落語を鑑賞。そこで落語に一目惚れした。

「僕の興味があったことがすべて入っていて感動した。師匠の落語は、日本語が分かるからではなく、カナダ人としても面白かった。落語はその国に合わせると中途半端になる。師匠のやってるリズムや間でやると、ドッカンドッカン。お客さんは日本の芸を見に来ているのだから、合わせる必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る