吉本ワールドツアーに選出 文枝の愛弟子・桂三輝の素性

公開日: 更新日:

 吉本の“グローバル化”が止まらない。
 17日、カナダ人落語家の桂三輝(サンシャイン=44)がワールドツアー開催発表会見を開いた。三輝は6代目桂文枝(71)の弟子。文枝の創作落語を英語、フランス語、スロベニア語に翻訳し、29日のイギリス・ロンドン公演を皮切りに、南アフリカ、ガーナ、フランス、スロベニアなど世界7カ国16カ所で39公演を行う。この日も英語やフランス語での小噺や、アコーディオンを使った漫談を披露。取材陣になぞかけを求められると、「ワールドツアーに行く三輝とかけて、扇子の素材と解きます。どちらもワシ(和紙)や!」と答え、拍手が起きた。

 三輝はカナダでミュージカルの劇作家・作曲家として活動していたが、29歳で初来日した際に桂文枝の落語を鑑賞。そこで落語に一目惚れした。

「僕の興味があったことがすべて入っていて感動した。師匠の落語は、日本語が分かるからではなく、カナダ人としても面白かった。落語はその国に合わせると中途半端になる。師匠のやってるリズムや間でやると、ドッカンドッカン。お客さんは日本の芸を見に来ているのだから、合わせる必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る