吉本ワールドツアーに選出 文枝の愛弟子・桂三輝の素性

公開日:  更新日:

 吉本の“グローバル化”が止まらない。
 17日、カナダ人落語家の桂三輝(サンシャイン=44)がワールドツアー開催発表会見を開いた。三輝は6代目桂文枝(71)の弟子。文枝の創作落語を英語、フランス語、スロベニア語に翻訳し、29日のイギリス・ロンドン公演を皮切りに、南アフリカ、ガーナ、フランス、スロベニアなど世界7カ国16カ所で39公演を行う。この日も英語やフランス語での小噺や、アコーディオンを使った漫談を披露。取材陣になぞかけを求められると、「ワールドツアーに行く三輝とかけて、扇子の素材と解きます。どちらもワシ(和紙)や!」と答え、拍手が起きた。

 三輝はカナダでミュージカルの劇作家・作曲家として活動していたが、29歳で初来日した際に桂文枝の落語を鑑賞。そこで落語に一目惚れした。

「僕の興味があったことがすべて入っていて感動した。師匠の落語は、日本語が分かるからではなく、カナダ人としても面白かった。落語はその国に合わせると中途半端になる。師匠のやってるリズムや間でやると、ドッカンドッカン。お客さんは日本の芸を見に来ているのだから、合わせる必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る