吉本ワールドツアーに選出 文枝の愛弟子・桂三輝の素性

公開日: 更新日:

 吉本の“グローバル化”が止まらない。
 17日、カナダ人落語家の桂三輝(サンシャイン=44)がワールドツアー開催発表会見を開いた。三輝は6代目桂文枝(71)の弟子。文枝の創作落語を英語、フランス語、スロベニア語に翻訳し、29日のイギリス・ロンドン公演を皮切りに、南アフリカ、ガーナ、フランス、スロベニアなど世界7カ国16カ所で39公演を行う。この日も英語やフランス語での小噺や、アコーディオンを使った漫談を披露。取材陣になぞかけを求められると、「ワールドツアーに行く三輝とかけて、扇子の素材と解きます。どちらもワシ(和紙)や!」と答え、拍手が起きた。

 三輝はカナダでミュージカルの劇作家・作曲家として活動していたが、29歳で初来日した際に桂文枝の落語を鑑賞。そこで落語に一目惚れした。

「僕の興味があったことがすべて入っていて感動した。師匠の落語は、日本語が分かるからではなく、カナダ人としても面白かった。落語はその国に合わせると中途半端になる。師匠のやってるリズムや間でやると、ドッカンドッカン。お客さんは日本の芸を見に来ているのだから、合わせる必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る