劇場オープン加速させる 吉本興業“地方戦略”の狙いと公算

公開日: 更新日:

 7日、静岡県で初のよしもと常設劇場「沼津ラクーンよしもと劇場」がオープンした。会見に登場した「トータルテンボス」は静岡県御殿場市出身。大村が「治安の悪い沼津を笑いで良くしたい。沼津には、サドルのある自転車はない」と言うと、「中川家」の礼二が「大阪でいうところの、通天閣あたりってことやな」とかぶせ、笑いを誘っていた。同じ日、埼玉県初のよしもと常設劇場となる「大宮ラクーンよしもと劇場」もオープン。同劇場で発表会見が開かれ、MCの「ピース」綾部が「中学を卒業した春に好きな女の子に告白して初めてデートしたのが大宮公園だった」と地元エピソードを披露した。

 昨年12月の「よしもと幕張イオンモール劇場」に続く2劇場のオープンと、地方進出がめざましい吉本。もっとも一部では「幕張の劇場は、平日はガラガラ。出演者が知名度のない芸人中心だから仕方ないだろうけど……。逆に休日はほぼ満席。土日だけオープンすればいいのに」(芸能関係者)とも言われているだけに、地方劇場の増設には懸念の声もある。しかし、そこには吉本らしい計算と思惑があるんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る