劇場オープン加速させる 吉本興業“地方戦略”の狙いと公算

公開日:  更新日:

 7日、静岡県で初のよしもと常設劇場「沼津ラクーンよしもと劇場」がオープンした。会見に登場した「トータルテンボス」は静岡県御殿場市出身。大村が「治安の悪い沼津を笑いで良くしたい。沼津には、サドルのある自転車はない」と言うと、「中川家」の礼二が「大阪でいうところの、通天閣あたりってことやな」とかぶせ、笑いを誘っていた。同じ日、埼玉県初のよしもと常設劇場となる「大宮ラクーンよしもと劇場」もオープン。同劇場で発表会見が開かれ、MCの「ピース」綾部が「中学を卒業した春に好きな女の子に告白して初めてデートしたのが大宮公園だった」と地元エピソードを披露した。

 昨年12月の「よしもと幕張イオンモール劇場」に続く2劇場のオープンと、地方進出がめざましい吉本。もっとも一部では「幕張の劇場は、平日はガラガラ。出演者が知名度のない芸人中心だから仕方ないだろうけど……。逆に休日はほぼ満席。土日だけオープンすればいいのに」(芸能関係者)とも言われているだけに、地方劇場の増設には懸念の声もある。しかし、そこには吉本らしい計算と思惑があるんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る