日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五木ひろしの“生みの親” 直木賞作家・山口洋子さん死去

 作家の山口洋子さんが今月6日、都内の病院で呼吸不全のため亡くなっていたことがわかった。享年77。ここ数年は体調が思わしくなく、入退院を繰り返していたという。

 1937年、名古屋生まれ。東映第4期ニューフェース(同期には山城新伍、室田日出男、佐久間良子ら)出身だが、女優には早々に見切りをつけて、56年に19歳で銀座にクラブ「姫」をオープン。当時の銀座は小説「夜の蝶」のモデルとされる「おそめ」や「エスポワール」など重厚な雰囲気のクラブが多かった中で、「姫」はニューウエーブで客層も比較的若かったという。

 常連客にはプロレスラーの力道山や勝新太郎、石原裕次郎、水原弘、小林旭といった芸能人はもちろん、球界では金田正一、長嶋茂雄の姿も。また、文壇からは梶山季之、五味康祐、柴田錬三郎、川上宗薫、吉行淳之介、野坂昭如など著名作家も多く来店した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事