鉄道コレクター権威死去 「模型6000両」遺産の行方は?

公開日:  更新日:

 世界的な鉄道コレクターで知られる元コクヨ専務の原信太郎氏が5日、老衰のため95歳で死去した。原氏といえば、3歳から鉄道模型の収集を始め、自らも模型作りに取り組むほどの鉄道模型好き。東工大を卒業後、コクヨの技術者として世界を飛び回った際も、各地で鉄道模型の資料写真を集め回るほど鉄道模型に情熱を注いだ。そのコレクションは6000両ともいわれ、12年には自らのコレクション1000両を集めた鉄道模型博物館を開設し、館長に就任。博物館には年間約30万人が訪れているという。

 さて、鉄道模型6000両とは莫大な数だが、気になるのはその価値、遺産である。

「一般的な鉄道模型でも1両5万円程度はします。原さんの物であれば1両数百万円はすると思いますので、6000両あれば、数十億円はくだらないと思います」(鉄道模型業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る