鉄道コレクター権威死去 「模型6000両」遺産の行方は?

公開日: 更新日:

 世界的な鉄道コレクターで知られる元コクヨ専務の原信太郎氏が5日、老衰のため95歳で死去した。原氏といえば、3歳から鉄道模型の収集を始め、自らも模型作りに取り組むほどの鉄道模型好き。東工大を卒業後、コクヨの技術者として世界を飛び回った際も、各地で鉄道模型の資料写真を集め回るほど鉄道模型に情熱を注いだ。そのコレクションは6000両ともいわれ、12年には自らのコレクション1000両を集めた鉄道模型博物館を開設し、館長に就任。博物館には年間約30万人が訪れているという。

 さて、鉄道模型6000両とは莫大な数だが、気になるのはその価値、遺産である。

「一般的な鉄道模型でも1両5万円程度はします。原さんの物であれば1両数百万円はすると思いますので、6000両あれば、数十億円はくだらないと思います」(鉄道模型業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る