鉄道コレクター権威死去 「模型6000両」遺産の行方は?

公開日:  更新日:

 世界的な鉄道コレクターで知られる元コクヨ専務の原信太郎氏が5日、老衰のため95歳で死去した。原氏といえば、3歳から鉄道模型の収集を始め、自らも模型作りに取り組むほどの鉄道模型好き。東工大を卒業後、コクヨの技術者として世界を飛び回った際も、各地で鉄道模型の資料写真を集め回るほど鉄道模型に情熱を注いだ。そのコレクションは6000両ともいわれ、12年には自らのコレクション1000両を集めた鉄道模型博物館を開設し、館長に就任。博物館には年間約30万人が訪れているという。

 さて、鉄道模型6000両とは莫大な数だが、気になるのはその価値、遺産である。

「一般的な鉄道模型でも1両5万円程度はします。原さんの物であれば1両数百万円はすると思いますので、6000両あれば、数十億円はくだらないと思います」(鉄道模型業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る