専門家も厳しい見方 小栗旬「ルパン三世」海外公開の懸念材料

公開日:  更新日:

 小栗旬(31)主演の実写「ルパン三世」は、23の国と地域での配給が決定。米ロサンゼルスの映画祭「LA EigaFest」でのプレミアム上映が好評に終わり、映画の聖地ハリウッドのある北米公開も調整中だという。

 国内では封切り初週末の2日間で興行収入4億4000万円超。最終的に30億円超を稼ぐ大ヒットが期待されたが、公開3週目を迎え雲行きが怪しい状態に……。早くもその人気に陰りがみられるというのだ。

「公開前の宣伝が功を奏して快進撃を見せたが、公開2週目から観客数の鈍化が少し見られてきた。ただしこれは、アクション映画ではよくあること。国際色豊かな俳優陣をキャスティングし、アジア各国でロケを敢行した同作は10億円近くという破格の製作費がかかっている。現状では黒字が十分に見込まれる25億円突破がひとつの目安になるのでは」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る