日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人間関係」を連発…女優・鈴木保奈美の“意味深発言”

 鈴木保奈美(48)が1日、虎ノ門ヒルズで行われた乳がんの知識啓発を促進する「ピンクリボン キャンペーン」のイルミネーション点灯式に登場した。

 アンバサダーに就任した鈴木は「ぜひ、皆さんに検診を受けてもらいたい」とコメント。もし、自身が乳がんと診断されたらと聞かれると「早期発見であれば治せるのでちゃんと治していく」「乳がんに限らずオープンに話すことは人間関係全体の話。いつかは命が尽きるので、その時に良い人生だったと思えるように閉じこもらないで人間関係を築いていきたい」と語っていた。

 プライベートではとんねるずの石橋貴明(52)と98年に再婚後、3人の娘の母として専業主婦生活を送っていたが、子供が小学校に入学した08年から芸能活動を再開。

 石橋とはおしどり夫婦で知られるが、家庭に納まるつもりはさらさらないだけに、“人間関係”を駆使して女優としてもう一花、咲かせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事