釈由美子イメチェン成功 昼ドラ出演でファンが主婦層に拡大

公開日:  更新日:

 これまで天然ボケのキャラでおじさん受けが良かった釈由美子(36)のファン層に変化が起こりつつある。

 きっかけは、現在放送中の昼ドラ「ほっとけない魔女たち」(フジテレビ系)への出演。同番組ではノホホンイメージから百八十度転換、仕事に一生懸命なジャーナリストを演じていて、これが主婦層に受けているという。

「そもそも、これまでゴールデン帯のドラマで主役を張っていた釈チャンが昼ドラに出ること自体がオバサンたちには驚きです。さらに今回の昼ドラは、従来のドロドロ路線ではなく、浅野ゆう子やV6の三宅健などゴールデンの時間帯に出そうなメンバーが揃っていることも、サプライズの相乗効果になっていると思います」(ドラマ関係者)

 今後はもともとのおじさんファンもキープしつつ、主婦層の支持者も得れば、女優として大きなプラス。“山ガール路線”は御嶽山の噴火など火山問題でしばらく需要はなさそうなだけに、女優業に集中するいい機会かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る