• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釈由美子イメチェン成功 昼ドラ出演でファンが主婦層に拡大

 これまで天然ボケのキャラでおじさん受けが良かった釈由美子(36)のファン層に変化が起こりつつある。

 きっかけは、現在放送中の昼ドラ「ほっとけない魔女たち」(フジテレビ系)への出演。同番組ではノホホンイメージから百八十度転換、仕事に一生懸命なジャーナリストを演じていて、これが主婦層に受けているという。

「そもそも、これまでゴールデン帯のドラマで主役を張っていた釈チャンが昼ドラに出ること自体がオバサンたちには驚きです。さらに今回の昼ドラは、従来のドロドロ路線ではなく、浅野ゆう子やV6の三宅健などゴールデンの時間帯に出そうなメンバーが揃っていることも、サプライズの相乗効果になっていると思います」(ドラマ関係者)

 今後はもともとのおじさんファンもキープしつつ、主婦層の支持者も得れば、女優として大きなプラス。“山ガール路線”は御嶽山の噴火など火山問題でしばらく需要はなさそうなだけに、女優業に集中するいい機会かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る