• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釈由美子イメチェン成功 昼ドラ出演でファンが主婦層に拡大

 これまで天然ボケのキャラでおじさん受けが良かった釈由美子(36)のファン層に変化が起こりつつある。

 きっかけは、現在放送中の昼ドラ「ほっとけない魔女たち」(フジテレビ系)への出演。同番組ではノホホンイメージから百八十度転換、仕事に一生懸命なジャーナリストを演じていて、これが主婦層に受けているという。

「そもそも、これまでゴールデン帯のドラマで主役を張っていた釈チャンが昼ドラに出ること自体がオバサンたちには驚きです。さらに今回の昼ドラは、従来のドロドロ路線ではなく、浅野ゆう子やV6の三宅健などゴールデンの時間帯に出そうなメンバーが揃っていることも、サプライズの相乗効果になっていると思います」(ドラマ関係者)

 今後はもともとのおじさんファンもキープしつつ、主婦層の支持者も得れば、女優として大きなプラス。“山ガール路線”は御嶽山の噴火など火山問題でしばらく需要はなさそうなだけに、女優業に集中するいい機会かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る